産経フォト

【五輪柔道】近藤が日本勢初メダル 女子48キロ級で「銅」

スポーツ

【五輪柔道】近藤が日本勢初メダル 女子48キロ級で「銅」

更新 sty1608070011
柔道・女子48キロ級 3位決定戦 銅メダルを獲得し、涙ぐむ近藤亜美 =6日、カリオカアリーナ(撮影・大橋純人) 柔道・女子48キロ級 3位決定戦 銅メダルを獲得し、涙ぐむ近藤亜美 =6日、カリオカアリーナ(撮影・大橋純人)
柔道・女子48キロ級 3位決定戦 試合終了間際に放った技が有効と認められ勝利、ホッとした表情を浮かべる近藤亜美(左) =6日、カリオカアリーナ(撮影・大橋純人)
画像を拡大する
柔道・女子48キロ級 3位決定戦 試合終了間際に放った技が有効と認められ勝利、ホッとした表情を浮かべる近藤亜美(左) =6日、カリオカアリーナ(撮影・大橋純人)フルスクリーンで見る 閉じる

 リオデジャネイロ五輪第2日の6日、柔道女子48キロ級の近藤亜美(21)=三井住友海上=が銅メダルを獲得し、今大会の日本選手団に最初のメダルをもたらした。

 初出場の五輪でも気後れすることなく積極的に攻める姿勢を貫き、一本勝ちを重ねて勝ち進んだが、準決勝は優勢で敗れた。しかし、3位決定戦では、その悔しさを力に変え、ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)に優勢勝ちした。

柔道女子48キロ級  3位決定戦  勝利した近藤亜美  =6日、カリオカアリーナ(撮影・甘利慈) 
画像を拡大する
柔道女子48キロ級 3位決定戦 勝利した近藤亜美 =6日、カリオカアリーナ(撮影・甘利慈) フルスクリーンで見る 閉じる

 かつて谷亮子が君臨した日本女子の看板階級で、谷が2連覇を成し遂げた2004年アテネ五輪以来、3大会ぶりの王座奪還を期待された。初の五輪はほろ苦さの残る結果となったが、今大会の柔道日本女子で最年少の新鋭は、20年東京五輪での金メダルに向け、貴重な経験を手にした。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング