産経フォト

H2Bロケットを公開 こうのとり打ち上げへ

ニュース

H2Bロケットを公開 こうのとり打ち上げへ

更新 sty1607260012
 三菱重工業が公開した、無人補給機「こうのとり」6号機を打ち上げるH2Bロケットの1段目のエンジン部分=26日午後、愛知県飛島村の同社飛島工場  三菱重工業が公開した、無人補給機「こうのとり」6号機を打ち上げるH2Bロケットの1段目のエンジン部分=26日午後、愛知県飛島村の同社飛島工場
 三菱重工業が公開した、無人補給機「こうのとり」6号機を打ち上げるH2Bロケットの1段目=26日午後、愛知県飛島村の同社飛島工場
画像を拡大する
 三菱重工業が公開した、無人補給機「こうのとり」6号機を打ち上げるH2Bロケットの1段目=26日午後、愛知県飛島村の同社飛島工場フルスクリーンで見る 閉じる

 三菱重工業は26日、国際宇宙ステーションに物資を届ける無人補給機「こうのとり」6号機を打ち上げるH2Bロケットを飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に公開した。打ち上げは10月1日未明で、ステーションに滞在中の大西卓哉さん(40)がロボットアームでつかみ、ドッキングさせる作業を担う可能性がある。

 公開されたのは全長約57メートルの機体のうち、こうのとりを格納する先端部を除いた約42メートルの主要部で、直径約5.2メートルの1段目と、直径約4メートルの2段目に分かれている。7月30日に鹿児島県の種子島宇宙センターに向けて船で輸送し、現地で組み立てる。

 二村幸基執行役員フェローは「準備はすべて順調に進んでいる。日本の技術の信頼度を上げるため、こうのとりを無事送り届けたい」と意気込みを語った。

 H2Bロケットは、人工衛星を載せるH2Aの打ち上げ能力を高めたタイプで、2009年の1号機以降、5機連続で打ち上げに成功している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング