産経フォト

仏非常事態、解除の方針 革命記念日パレード

ニュース

仏非常事態、解除の方針 革命記念日パレード

更新 sty1607140016
 14日、パリのシャンゼリゼ通りで、フランス革命記念日の軍事パレードに参加したオランド大統領(車上後方左)(ロイター)  14日、パリのシャンゼリゼ通りで、フランス革命記念日の軍事パレードに参加したオランド大統領(車上後方左)(ロイター)
 14日、フランス革命記念日の軍事パレードで、パリのシャンゼリゼ通り上空を飛ぶジェット機(ロイター)
画像を拡大する
 14日、フランス革命記念日の軍事パレードで、パリのシャンゼリゼ通り上空を飛ぶジェット機(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 昨年11月のパリ同時多発テロ以来、フランス全土に非常事態が敷かれる中、革命記念日の軍事パレードが14日、パリで行われた。10日まで1カ月間にわたったサッカー欧州選手権が大きな混乱なく終わったことなどを踏まえ、政府は今月末に非常事態を解除する方針。国民からは「テロの懸念解消」を願う声が上がっている。

 パリのシャンゼリゼ通りでは、物々しい警戒の下、国歌ラマルセイエーズに合わせてオランド大統領を含む計約3500人が行進した。

 130人が死亡した同時テロの直後、政府は非常事態を宣言。期限を3回延長したが、24日まで開催中の自転車レース、ツール・ド・フランスが無事に終われば、非常事態を定めた法律の期限の26日に解除する。(パリ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング