産経フォト

貝殻島でコンブ漁始まる 241隻一斉にスタート

ニュース

貝殻島でコンブ漁始まる 241隻一斉にスタート

更新 sty1606040009
 北方領土の貝殻島周辺でコンブ漁が始まり、一斉に出漁する漁船=4日午前、北海道根室市の納沙布岬沖  北方領土の貝殻島周辺でコンブ漁が始まり、一斉に出漁する漁船=4日午前、北海道根室市の納沙布岬沖
 貝殻島周辺でコンブ漁が始まり、出漁する漁船を見送る関係者=4日午前、北海道根室市の納沙布岬灯台
画像を拡大する
 貝殻島周辺でコンブ漁が始まり、出漁する漁船を見送る関係者=4日午前、北海道根室市の納沙布岬灯台フルスクリーンで見る 閉じる

 北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺で4日早朝、コンブ漁が始まり、北海道根室市の歯舞漁協などの漁船241隻が一斉に出漁した。漁は1日に解禁されていたが天候が悪く、延期されていた。漁期は9月末まで。
 前日までの強い風がやみ、穏やかな天気の中、納沙布岬沖に集まった船団は午前6時の花火の音を合図に、約3・7キロ先の漁場へ。灯台や近くの岸壁に集まった家族らが旗を振り「頑張って」と声援を送った。

 貝殻島周辺で漁が始まり、干場に運ばれたコンブ=4日午前、北海道根室市
画像を拡大する
 貝殻島周辺で漁が始まり、干場に運ばれたコンブ=4日午前、北海道根室市フルスクリーンで見る 閉じる

 初日の漁は2時間で終了。採れたコンブは次々と水揚げされた。歯舞漁協の漁師楠木真さん(66)はトラックいっぱいになったコンブを前に「今年のも質がいいですよ」と笑顔で話した。
 現在のコンブ漁は、好漁場である貝殻島周辺で旧ソ連に拿捕される漁師が後を絶たなかったため、安全に操業できるよう1963年に民間協定が結ばれたのが始まり。今年の入漁料は9026万8千円、漁獲枠は3448トン。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング