産経フォト

ビーチ美しいアラカジュ 芝はサッカー会場と同じ

イベント・祭典

ビーチ美しいアラカジュ 芝はサッカー会場と同じ

更新 sty1606030011
 サッカー男子の日本代表が合宿をするスタジアム =1日、アラカジュ(魚眼レンズ使用、共同)  サッカー男子の日本代表が合宿をするスタジアム =1日、アラカジュ(魚眼レンズ使用、共同)
 サッカー男子の日本代表が合宿をするスタジアムで、芝の手入れをする作業員 =1日、アラカジュ(共同)
画像を拡大する
 サッカー男子の日本代表が合宿をするスタジアムで、芝の手入れをする作業員 =1日、アラカジュ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 リオデジャネイロ五輪でサッカー男子の日本が事前合宿地に選んだブラジル北東部セルジペ州の州都アラカジュは、美しいビーチに恵まれ、治安が良いことで知られる。一昨年のワールドカップ(W杯)ではギリシャの合宿地だった。

 日本が練習する約1万5500人収容のスタジアムは、五輪の1次リーグで日本戦の会場となるマナウスとサルバドルの両競技場と同じ種類の芝を敷いている。管理責任者のシドラック・マリーニョ氏は「小まめに芝刈りし、常に2センチの長さを保っている。(5月末に)視察した(日本の)監督もとても満足そうだった」と胸を張った。

 新体操の日本はスタジアムに隣接するナショナルトレーニングセンターで合宿し、体操女子とトランポリンも近隣の体育館で調整する。ブラジル体操連盟のライウソン・メロ管理部長は「新体操トレセンは国内最高の施設。体育館は日本のために改修している」と説明した。

 ブラジル第3の都市サルバドルの北350キロに位置するアラカジュは、サンバ発祥の地で色鮮やかな旧市街があるサルバドルほど観光名所は多くない。それでも美しい夕日を望める「オルラ・ポル・ド・ソウ(日没の岸辺の意)」など、のどかな観光スポットが点在する。ジウソン・ドリア州観光スポーツ局長は「日本人にアラカジュの魅力を発見してもらえる絶好機」と期待している。(リオデジャネイロ共同=戸部丈嗣)

 新体操の日本代表が合宿をする体育館で練習する新体操ブラジル代表の選手たち =1日、アラカジュ(共同)
画像を拡大する
 新体操の日本代表が合宿をする体育館で練習する新体操ブラジル代表の選手たち =1日、アラカジュ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 夕暮れ時に川辺で語らう親子連れ =1日、アラカジュ(共同)
画像を拡大する
 夕暮れ時に川辺で語らう親子連れ =1日、アラカジュ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 サッカー男子の日本代表が宿泊するホテルからの眺望 =5月31日、アラカジュ(共同)
画像を拡大する
 サッカー男子の日本代表が宿泊するホテルからの眺望 =5月31日、アラカジュ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング