産経フォト

米宇宙船と日本衛星相乗り 月面着陸にも挑戦

ニュース

米宇宙船と日本衛星相乗り 月面着陸にも挑戦

更新 sty1605270016
 JAXAと東大の小型衛星「OMOTENASHI(オモテナシ)」が月面着陸に挑戦する想像図(JAXA・東大提供)  JAXAと東大の小型衛星「OMOTENASHI(オモテナシ)」が月面着陸に挑戦する想像図(JAXA・東大提供)
 JAXAと東大の小型衛星「EQUULEUS(エクレウス)」の想像図(JAXA・東大提供)
画像を拡大する
 JAXAと東大の小型衛星「EQUULEUS(エクレウス)」の想像図(JAXA・東大提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 米航空宇宙局(NASA)は27日、2018年に予定する次世代宇宙船「オリオン」の無人試験飛行に合わせ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京大が共同開発した小型衛星2基を打ち上げると発表した。1基は月面着陸にも挑戦する。

 この試験は、30年代の火星有人飛行に向けてNASAが開発中の大型ロケットSLSの初飛行。無人のオリオンをSLSで打ち上げ、月を周回して地球に戻って来る。SLSの余剰能力を利用して日本のものを含む計13基の小型衛星を打ち上げる。

 JAXAと東大の「OMOTENASHI(オモテナシ)」は、月面着陸して放射線を測定。安価な探査技術の可能性を探る。もう1基の「EQUULEUS(エクレウス)」は、宇宙空間の放射線環境を調べる。JAXAの担当者は「オリオンと一緒に月の近くの領域に行くことができる素晴らしい機会だ」としている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング