産経フォト

聟島のひな、初の巣立ち 小笠原のアホウドリ繁殖

生き物

聟島のひな、初の巣立ち 小笠原のアホウドリ繁殖

更新 sty1605230021
 小笠原諸島・聟島を巣立ったアホウドリのひな=14日(山階鳥類研究所提供)  小笠原諸島・聟島を巣立ったアホウドリのひな=14日(山階鳥類研究所提供)
 小笠原諸島・聟島を巣立つ直前のアホウドリのひな(中央)=13日(山階鳥類研究所提供)
画像を拡大する
 小笠原諸島・聟島を巣立つ直前のアホウドリのひな(中央)=13日(山階鳥類研究所提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 山階鳥類研究所(千葉県)などは23日、国の特別天然記念物アホウドリを絶滅から守るため、新たな繁殖地にしようと計画している小笠原諸島・聟島で、初めてのひなが巣立ったと発表した。

 同研究所によると、ひなは1月9日、巣にいるのを確認。5月14日午前には崖下数十メートルの海上で泳いでいるのが見つかり、巣立ったことが確認された。親は伊豆諸島・鳥島で生まれて聟島に移送された8歳の雄と、沖縄県・尖閣諸島生まれとみられる雌。

 小笠原諸島・嫁島で初めて確認されたアホウドリのひな=9日(東京都提供)
画像を拡大する
 小笠原諸島・嫁島で初めて確認されたアホウドリのひな=9日(東京都提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 また5月9日、聟島から約20キロ離れた嫁島でも、ひな1羽が初めて確認された。親鳥は不明だが、同研究所は「距離が近く、繁殖計画で人工飼育した個体か、引き寄せられた個体の可能性がある」としている。小笠原諸島では2014年にも聟島から約5キロ離れた媒島で、戦後初となるひなの誕生が確認された。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング