産経フォト

スウェーデン 最新戦闘機を公開 グリペンE

自衛隊・ミリタリー

スウェーデン 最新戦闘機を公開 グリペンE

更新 sty1605190008
 派手な演出で登場したサーブJAS39「グリペンE」(Anders Wiklund/TT via AP)   派手な演出で登場したサーブJAS39「グリペンE」(Anders Wiklund/TT via AP)
 次世代戦闘機としての能力を高めた「グリペンE」。特徴あるカナード(先尾翼)とデルタ翼。「グリペン」はスウェーデン語で翼のある獅子の意 (Anders Wiklund/TT via AP)
画像を拡大する
 次世代戦闘機としての能力を高めた「グリペンE」。特徴あるカナード(先尾翼)とデルタ翼。「グリペン」はスウェーデン語で翼のある獅子の意 (Anders Wiklund/TT via AP) フルスクリーンで見る 閉じる

 スウェーデンのサーブ社が開発した最新の多目的戦闘機JAS39「グリペンE」が18日、サーブの施設があるリンシェーピング空港で公開された。
 巨大なマルチスクリーンを使って映しだされた映像の後、登場した機体にライトが当てられ、まるでモーターショーの新車発表のような演出。

 90年代初期から配備されている同機の次世代機で、機体構造を変え、米海軍のF/A-18並みの推力を持つエンジンで超音速巡航が可能。レーダーの能力も向上した。

 初飛行は年末に行われるが、ブラジル空軍が複座型を採用予定で、式典には同国のニヴァル・ルイス・ロサット空軍司令官も出席した。

 式典にはスウェーデンの防衛大臣らが出席。右から2人目はブラジル空軍のニヴァル・ルイス・ロサット空軍司令官(Anders Wiklund/TT via AP)
画像を拡大する
 式典にはスウェーデンの防衛大臣らが出席。右から2人目はブラジル空軍のニヴァル・ルイス・ロサット空軍司令官(Anders Wiklund/TT via AP) フルスクリーンで見る 閉じる
The new E version of the Swedish JAS 39 Gripen multi role fighter being rolled out at SAAB in Linkoping, Sweden, Wednesday, May 18, 2016. Swedish aircraft maker Saab has unveiled the latest version of its Gripen fighter jet. The E fighter is slightly bigger than previous versions, has a stronger engine and updated radar systems. It has been in development for about 10 years. The first test flight is expected later this year. (Anders Wiklund/TT via AP)
画像を拡大する
The new E version of the Swedish JAS 39 Gripen multi role fighter being rolled out at SAAB in Linkoping, Sweden, Wednesday, May 18, 2016. Swedish aircraft maker Saab has unveiled the latest version of its Gripen fighter jet. The E fighter is slightly bigger than previous versions, has a stronger engine and updated radar systems. It has been in development for about 10 years. The first test flight is expected later this year. (Anders Wiklund/TT via AP) フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング