産経フォト

自衛隊、あふれる災害ごみを収集 熊本地震で大量発生

自衛隊・ミリタリー

自衛隊、あふれる災害ごみを収集 熊本地震で大量発生

更新 sty1604280008
地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前10時2分、熊本市南区(柿平博文撮影) 地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前10時2分、熊本市南区(柿平博文撮影)
地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前10時10分、熊本市南区(柿平博文撮影)
画像を拡大する
地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前10時10分、熊本市南区(柿平博文撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 自衛隊は28日、熊本を中心とする地震で発生した災害ごみの搬出作業を熊本市で始めた。大量のごみの収集が追いつかず、市内の一部では道路にがれきがあふれる状態になっており、市や環境省が協力を求めていた。

 初日は約90人体制。熊本市南区では午前9時すぎ、民間業者が可燃ごみを収集車に入れる作業を手伝った後、家電製品などの災害ごみを7台の自衛隊車両に積み込み、処分場に向けて搬出した。29日以降も場所を変えて継続する。

 市によると、がれきや割れたガラス、壊れた家財道具などの災害ごみが大量に発生。一部地域では、収集場から道路にあふれたごみが通行の支障になっていた。地震で損傷し稼働できない焼却施設もあり、災害ごみの処理が課題になっている。

地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前9時45分、熊本市南区(柿平博文撮影)
画像を拡大する
地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前9時45分、熊本市南区(柿平博文撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前10時9分、熊本市南区(柿平博文撮影)
画像を拡大する
地震で出た廃棄物の回収を行う自衛隊員ら =28日午前10時9分、熊本市南区(柿平博文撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング