産経フォト

熊本のスタジアムを視察 ラグビーW杯責任者ら

スポーツ

熊本のスタジアムを視察 ラグビーW杯責任者ら

更新 sty1604130015
視察に訪れた熊本市の「うまかな・よかなスタジアム」で、くまモンと握手するラグビーW杯の統括責任者、アラン・ギルピン氏=13日午後 視察に訪れた熊本市の「うまかな・よかなスタジアム」で、くまモンと握手するラグビーW杯の統括責任者、アラン・ギルピン氏=13日午後
熊本市の「うまかな・よかなスタジアム」を視察するラグビーW杯の統括責任者、アラン・ギルピン氏(右から2人目)=13日午後
画像を拡大する
熊本市の「うまかな・よかなスタジアム」を視察するラグビーW杯の統括責任者、アラン・ギルピン氏(右から2人目)=13日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 日本で2019年に開かれるラグビー・ワールドカップ(W杯)の大会関係者が13日、全国12会場の一つに選ばれた熊本市の「うまかな・よかなスタジアム」を視察した。W杯日本大会の責任者で、国際統括団体ワールドラグビーのアラン・ギルピン氏は「最高峰の試合をするのに適している」と評価した。
 視察は非公開で、12日から行われた。ギルピン氏らは、芝生の状態や広さなどを確認。終了後、記者会見し「人工芝を敷くなどして、ピッチを広げることが必要」と熊本会場の課題も挙げた。
 大会関係者は、この日で5カ所目の視察を終了。26日までに、横浜市や神戸市などの5会場を巡る。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング