産経フォト

「新聞読みますか」 五神真 東大学長が新入生に問いかけ

ニュース

「新聞読みますか」 五神真 東大学長が新入生に問いかけ

更新 sty1604120006
 東大の入学式で祝辞を述べる五神真総長=12日午前、東京都千代田区(荻窪佳撮影)  東大の入学式で祝辞を述べる五神真総長=12日午前、東京都千代田区(荻窪佳撮影)
 東大の入学式で祝辞を聞く新入生=12日午前、東京都千代田区(荻窪佳撮影)
画像を拡大する
 東大の入学式で祝辞を聞く新入生=12日午前、東京都千代田区(荻窪佳撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京大学の入学式が12日、東京都千代田区の日本武道館で行われ、推薦入試の合格者を含む新入生約3100人が出席した。

 2016年度入学から初めて導入した推薦入試は、卓越した能力や学ぶ意欲を備えた学生の獲得を目指し、2次試験の後期日程を廃止して論文や面接などで選考した

 五神真(ごのかみ・まこと)学長は式辞で「情報は瞬時に得ることができるようになった。しかし、真の知識は人が自ら経験し、思考することによって生み出される」と強調。さらに「毎日、新聞を読みますか」と問い掛け、記事をしっかり読む習慣を身に付け『知のプロフェッショナル』を目指すよう求めた。

 会場の日本武道館前で記念写真を撮る新入生ら =12日午前、東京都千代田区(荻窪佳撮影)
画像を拡大する
 会場の日本武道館前で記念写真を撮る新入生ら =12日午前、東京都千代田区(荻窪佳撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 昨年、ノーベル物理学賞を受賞した東大宇宙線研究所の梶田隆章所長も来賓として出席し、「学問や実社会の最先端に立つと、予期せぬことを、きちんと問題として捉える力が必要になる」と祝辞を述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング