産経フォト

春の舞へ総仕上げ 都をどり「大ざらえ」

伝統・文化

春の舞へ総仕上げ 都をどり「大ざらえ」

更新 sty1603310015
「都をどり」の開幕を前に行われた「大ざらえ」で舞う芸妓や舞妓ら=31日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場(南雲都撮影) 「都をどり」の開幕を前に行われた「大ざらえ」で舞う芸妓や舞妓ら=31日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場(南雲都撮影)
「都をどり」の開幕を前に行われた「大ざらえ」で舞う芸妓や舞妓ら=31日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場(南雲都撮影)
画像を拡大する
「都をどり」の開幕を前に行われた「大ざらえ」で舞う芸妓や舞妓ら=31日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場(南雲都撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 京都五花街の一つ、祇園甲部の春公演「都をどり」が4月1日から始まるのを前に、けいこの総仕上げをする「大ざらえ」が31日、歌舞練場(京都市東山区)であり、芸妓や舞妓が招待客らを前にしっとりとした舞を披露した。
 演目は四季折々の各地の名所を再現する「名所巡四季寿」全8景。色鮮やかな青地の着物をまとった舞妓らが舞台に登場すると、会場は華やかな雰囲気に包まれた。
 今年が初舞台となる舞妓まめ柳さん(17)は「多くの方に楽しんでいただき、祇園町の良さを知ってもらえたらうれしい」と話した。
 4月1~30日の1日4回公演。料金は2500~4800円。問い合わせは祇園甲部歌舞会、電話075(541)3391。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング