産経フォト

初のメダル獲得! カーリング女子日本が銀 世界選手権

スポーツ

初のメダル獲得! カーリング女子日本が銀 世界選手権

更新 sty1603280002
 銀メダルを獲得し、観客の声援に応える(左から)リンド・コーチ、本橋、吉田夕、鈴木、吉田知、藤沢の日本 =スウィフトカレント(AP)  銀メダルを獲得し、観客の声援に応える(左から)リンド・コーチ、本橋、吉田夕、鈴木、吉田知、藤沢の日本 =スウィフトカレント(AP)
 第6エンドに2ポイントを獲得し、笑顔でタッチを交わす(左から)鈴木、藤沢、吉田夕 =スウィフトカレント(共同)
画像を拡大する
 第6エンドに2ポイントを獲得し、笑顔でタッチを交わす(左から)鈴木、藤沢、吉田夕 =スウィフトカレント(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 カーリング女子日本代表のLS北見が27日、カナダのスウィフトカレントで行われた世界選手権の決勝でスイスと対戦し、6-9で敗れたものの銀メダルを獲得した。日本のメダルは男女の五輪、世界選手権を通じて初めて。スイスは3連覇となった。

 日本は第8エンドに3点を奪って6-5と逆転したが、第9エンドに2点を取られ、追いつけなかった。1次リーグ、プレーオフ初戦に続きスイス戦は今大会3戦3敗。

 2010年に自身を中心としたLS北見を結成し、昨秋に出産した本橋麻里(29)は控えで、スキップの藤沢五月(24)、吉田知那美(24)、夕梨花(22)の姉妹と鈴木夕湖(24)の4人で初の決勝へ駒を進めたが、頂点に一歩、及ばなかった。(スウィフトカレント、カナダ=共同)

 決勝のスイス戦でストーンを投じる藤沢 =スウィフトカレント(共同)
画像を拡大する
 決勝のスイス戦でストーンを投じる藤沢 =スウィフトカレント(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 決勝戦でスイスに敗れ、涙を流すスキップ、藤沢(右から2人目)を慰める日本チームの選手たち =スウィフトカレント(共同)
画像を拡大する
 決勝戦でスイスに敗れ、涙を流すスキップ、藤沢(右から2人目)を慰める日本チームの選手たち =スウィフトカレント(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング