産経フォト

飛べ!“世界最大の航空機”エアランダー10

ニュース

飛べ!“世界最大の航空機”エアランダー10

更新 sty1603220009
下から見上げた特徴的な機体。A worker stands under the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staples 下から見上げた特徴的な機体。A worker stands under the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staples
巨大な機体全景。A worker stands under the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staples
画像を拡大する
巨大な機体全景。A worker stands under the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staplesフルスクリーンで見る 閉じる

 “世界最大の航空機”「エアランダー10」が英国、カーディントンの格納庫で公開された。すでに機体は公開されていたが、エンジンなどの装着が完了して飛行できる状態での公開は初になる。全長は91メートルで、ジャンボジェットの1.2倍。
 「エアランダー10」は飛行機、飛行船、ヘリコプターの機能を兼ね備えた航空機で、ヘリウムが充填された機体は最大3週間の飛行が可能と言う。

リフトから機体を撮影する報道関係者。Members of the media film the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staples
画像を拡大する
リフトから機体を撮影する報道関係者。Members of the media film the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staplesフルスクリーンで見る 閉じる

 もとは米軍の計画で英国のハイブリッド・エア・ビークルズ社が開発を進めていたが、米軍の計画が打ち切られたため、英政府などの出資で開発が続行されてきた。
 「エアランダー10」は航続距離の長さと、滑走路が不要で、着水も可能なことから、遠隔地や災害時の利用が期待されている。

機体そばを歩く人物と比べると巨大さが実感できる。A worker walks alongside the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staples
画像を拡大する
機体そばを歩く人物と比べると巨大さが実感できる。A worker walks alongside the Airlander 10 hybrid airship during its unveiling in Cardington, Britain March 21, 2016. REUTERS/Darren Staplesフルスクリーンで見る 閉じる

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング