産経フォト

ブータン中高生に柔道指導 講道館で平岡氏ら

ニュース

ブータン中高生に柔道指導 講道館で平岡氏ら

更新 sty1603070014
 ブータンの中高生を指導する平岡拓晃(中央)=7日午後、東京都文京区の講道館  ブータンの中高生を指導する平岡拓晃(中央)=7日午後、東京都文京区の講道館
 ブータンの中高生を指導する福見友子さん(左)=7日午後、東京都文京区の講道館
画像を拡大する
 ブータンの中高生を指導する福見友子さん(左)=7日午後、東京都文京区の講道館フルスクリーンで見る 閉じる

 柔道のロンドン五輪男子60キロ級銀メダリストの平岡拓晃(了徳寺学園職)と48キロ級で元世界女王の福見友子さんが7日、東京都文京区の講道館でブータンの中高生7人に指導した。2011年にブータンのワンチュク国王が講道館を訪問した際、柔道を通した青少年の支援を要請したのがきっかけ。

 この日は約1時間半、打ち込みや乱取りを実施。2人の技を体感したビカッシュ・タマンさん(14)は「すごくためになった。将来はブータン代表として五輪に出たい」と感激の面持ち。平岡は「強くなって、日本人を超えてほしい」とエールを送った。一行は15日まで東京や神戸で稽古しながら、書道やそば打ちなど日本文化を体験する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング