産経フォト

ひな流し 春の海へ300体 和歌山、淡嶋神社

伝統・文化

ひな流し 春の海へ300体 和歌山、淡嶋神社

更新 sty1603030014
淡嶋神社のひな流し神事が行われ、全国から奉納されたひな人形が舟に乗せられ、海に流された=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影) 淡嶋神社のひな流し神事が行われ、全国から奉納されたひな人形が舟に乗せられ、海に流された=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影)

 和歌山市加太の淡嶋神社で3日、女の子の健やかな成長や幸せへの願いを人形に込め、小舟で海へ流す伝統神事「ひな流し」が行われた。

舟に乗せられる、全国から奉納されたひな人形=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
舟に乗せられる、全国から奉納されたひな人形=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 この日は約300体がみこらの手で、桃や菜の花で飾った3艘の白木の小舟に乗せられた。女性の参拝客が海辺まで担いだ舟は、穏やかな春の海に送り出され、ゆっくりと水面を進む姿を約5千人の参拝客らが見送った。
 小舟を担いだ和歌山市の会社員、佐々木加奈恵さん(32)は「娘たちに御利益がありますようにと願いました」と笑顔で話した。

舟に乗せられ海に流されるひな人形=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
舟に乗せられ海に流されるひな人形=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
舟に乗せられ、海に流されたひな人形=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
舟に乗せられ、海に流されたひな人形=3日午後、和歌山市(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング