産経フォト

双子パンダのひなまつり 和歌山県白浜町

生き物

双子パンダのひなまつり 和歌山県白浜町

更新 sty1603030008
ジャイアントパンダの桜浜(左)と桃浜の成長を祝うひなまつりイベント=3日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド(板坂洋司撮影) ジャイアントパンダの桜浜(左)と桃浜の成長を祝うひなまつりイベント=3日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド(板坂洋司撮影)
ジャイアントパンダの桜浜(左)と桃浜の成長を祝うひなまつりイベント=3日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド(板坂洋司撮影)
画像を拡大する
ジャイアントパンダの桜浜(左)と桃浜の成長を祝うひなまつりイベント=3日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド(板坂洋司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で3日、双子の雌のジャイアントパンダ「桜浜(オウヒン)」「桃浜(トウヒン)」の健やかな成長を願うひなまつりイベントが開かれた。
 2頭は、国内最多の計7頭のパンダを飼育している同施設で、初のふたご姉妹として平成26年12月に生まれた。誕生時は体重約180グラムだったが、桜浜が41キロ、桃浜が42・8キロ、体長はともに110センチと大きく成長。同施設によると、病気やけがもなく順調に育っているという。

 屋外運動場に現れた2頭は、スタッフからプレゼントされた氷で作られた4色のひなあられや桜と桃の花をかたどった氷をなめたり竹ををかじったり。詰め掛けた観客らから「かわいい」と歓声が上がっていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング