産経フォト

丸川氏釈明「言葉足らず」 被ばく上限根拠なしと発言

ニュース

丸川氏釈明「言葉足らず」 被ばく上限根拠なしと発言

更新 sty1602090009
 衆院予算委員会で釈明する丸川珠代環境相=9日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)  衆院予算委員会で釈明する丸川珠代環境相=9日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
 衆院予算委員会に臨む丸川珠代環境相=9日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
画像を拡大する
 衆院予算委員会に臨む丸川珠代環境相=9日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京電力福島第1原発事故後に国が定めた年間被ばく線量の長期目標1ミリシーベルト以下について、丸川珠代環境相が長野県内での講演で「何の根拠もなく時の環境大臣が決めた」と発言したと信濃毎日新聞が報じたのを受け、丸川氏は9日午前の衆院予算委員会で「趣旨はそうではない。誤解を与えるようであれば、言葉足らずであったことはおわび申し上げたい」と述べた。

 丸川氏は「(講演の)記録も取っておらず、こういう言い回しをしたという記憶もない」と釈明した。
 講演は7日に長野県松本市であった自民党の若林健太参院議員の集会の中で行われた。

 福島事故後、当時の民主党政権は、自然放射線などを除いた一般人の通常時の年間被ばく線量限度を1ミリシーベルトとした国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告に基づき、長期的な目標を1ミリシーベルトとした。

 信濃毎日新聞によると、丸川氏は講演で「『反放射能派』というと変ですが、どれだけ下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」などと発言したとされる。 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング