産経フォト

「尾ノ内百景氷柱」見頃  埼玉県小鹿野町

自然・風景

「尾ノ内百景氷柱」見頃  埼玉県小鹿野町

更新 sty1602010014
渓谷に散水することによって作られた「尾ノ内百景氷柱」=1日午後、埼玉県小鹿野町(撮影・春名中) 渓谷に散水することによって作られた「尾ノ内百景氷柱」=1日午後、埼玉県小鹿野町(撮影・春名中)
渓谷に散水することによって作られた「尾ノ内百景氷柱」=1日午後、埼玉県小鹿野町(撮影・春名中)
画像を拡大する
渓谷に散水することによって作られた「尾ノ内百景氷柱」=1日午後、埼玉県小鹿野町(撮影・春名中)フルスクリーンで見る 閉じる

 埼玉県小鹿野町の尾ノ内渓谷で、厳冬期の風物詩となっている散水で作られた「尾ノ内百景氷柱」が今年も見頃を迎えた。
 今年は暖冬の影響を受け、1月初めの開幕時には例年の3割以下という氷結だったが、同月中旬の記録的寒波で、現在では「9分咲き」。ピークは2月中頃で、毎週土曜日は日没から午後8時までライトアップの演出もあり、今月いっぱい楽しめる。
 東京都練馬区から来た家族連れは「実物の迫力がすごくてビックリ、今度ぜひライトアップを見たい」と楽しそうに話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング