産経フォト

震災から5年、羽生が鎮魂歌をダイナミックに舞う 盛岡

スポーツ

震災から5年、羽生が鎮魂歌をダイナミックに舞う 盛岡

更新 sty1601090017
 エキシビションを終え、観客の声援に応える羽生結弦 =盛岡市アイスアリーナ  エキシビションを終え、観客の声援に応える羽生結弦 =盛岡市アイスアリーナ
 エキシビションで演技する羽生結弦(上)と浅田真央 =盛岡市アイスアリーナ
画像を拡大する
 エキシビションで演技する羽生結弦(上)と浅田真央 =盛岡市アイスアリーナフルスクリーンで見る 閉じる

 3月で発生から5年となる東日本大震災からの復興支援を目的とするフィギュアスケートの「NHK杯スペシャルエキシビション」が9日、盛岡市で行われた。仙台市出身の羽生結弦(ANA)のほか、浅田真央(中京大)ら国内外のトップスケーターたちが、華麗な演技を被災地に届けた。

 「復興、東北のために、スケーターとして精いっぱいのことができるように頑張りたい」。前日会見でこう決意を口にしていた羽生は、震災の鎮魂歌「天と地のレクイエム」をダイナミックに滑った。7日には岩手県大槌町を訪問。現地で子供たちとも触れ合い、「僕自身も大きな力をもらった」と振り返った。

 休養中の昨季に被災地を訪れて交流した浅田は「今度は私のスケートを見てもらえたらうれしい。心を込めて滑りたい」と「踊るリッツの夜」をコミカルに演じた。全日本女王の宮原知子(大阪・関大高)も「自分の演技を見て、少しでも元気になってもらいたい」との願いを胸に氷上を舞った。(田中充)

 エキシビションでイナバウアーを披露する荒川静香 =盛岡市アイスアリーナ
画像を拡大する
 エキシビションでイナバウアーを披露する荒川静香 =盛岡市アイスアリーナフルスクリーンで見る 閉じる
 エキシビションで演技する浅田真央 =盛岡市アイスアリーナ
画像を拡大する
 エキシビションで演技する浅田真央 =盛岡市アイスアリーナフルスクリーンで見る 閉じる
 エキシビションで演技する羽生結弦 =盛岡市アイスアリーナ
画像を拡大する
 エキシビションで演技する羽生結弦 =盛岡市アイスアリーナフルスクリーンで見る 閉じる
 エキシビションのフィナーレでトリプルアクセルに挑む浅田真央 =盛岡市アイスアリーナ
画像を拡大する
 エキシビションのフィナーレでトリプルアクセルに挑む浅田真央 =盛岡市アイスアリーナフルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング