産経フォト

【ぶらり圏央道】幸せ呼ぶゾ~ 千葉県長南町 

ニュース

【ぶらり圏央道】幸せ呼ぶゾ~ 千葉県長南町 

更新 sty1512130005
 長福寿寺のゾウの石像=千葉県長南町(長尾みなみ撮影)  長福寿寺のゾウの石像=千葉県長南町(長尾みなみ撮影)
 長福寿寺のゾウの石像=千葉県長南町(長尾みなみ撮影)
画像を拡大する
 長福寿寺のゾウの石像=千葉県長南町(長尾みなみ撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 お堂の前に、狛犬(こまいぬ)…ならぬ狛ゾウ? 圏央道の茂原長南インターチェンジから約2・5キロに位置する長福寿寺(千葉県長南町)には、石造りの大きなゾウが二頭いる。参拝に来た老若男女が華やかな衣装を着たゾウを見上げ、なでていく。動物園さながらの人気者だ。

 この由来となっているのは、寺に伝わる吉を呼ぶゾウの伝説。住職の「皆を明るく元気にしたい」という願いから伝説のゾウの像を再建し、より多くの人が見て触れられる現在の場所に。「吉ゾウくん」の足をなでると、幸せになれるという。
 次回にゾウが着飾るのは、新年の予定だという。かわいいゾウをなでて新年の幸せを願ってみては?(写真報道局 長尾みなみ)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング