産経フォト

羽生、圧巻演技でV 世界初300点超え

スポーツ

羽生、圧巻演技でV 世界初300点超え

更新 sty1511280019
優勝し、メダルを手に笑顔を見せる羽生結弦=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太) 優勝し、メダルを手に笑顔を見せる羽生結弦=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)

 フィギュアスケート男子のソチ冬季五輪金メダリスト、羽生結弦(20)=ANA=が28日、長野市ビッグハットで行われたグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯を世界歴代最高の合計322・40点で制し、史上初の3連覇が懸かるGPファイナル進出を決めた。パトリック・チャン(カナダ)が2013年に出した最高得点を一気に27・13点も更新。300点超えは過去に例がなく、驚異的な高得点となった。

優勝した羽生結弦のフリープログラム=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
優勝した羽生結弦のフリープログラム=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる

 前日のショートプログラム(SP)で世界歴代最高を更新してトップに立った羽生は、フリーで3度の4回転ジャンプを全て成功させるなど完璧な演技を披露した。フリーの216・07点も、史上初の200点突破となった。

 SP2位で18歳の金博洋(中国)が266・43点で2位。無良崇人(洋菓子のヒロタ)が242・21点で3位に入り、田中刑事(倉敷芸術科学大)は234・90点で5位だった。

高得点での優勝にキスアンドクライで驚く羽生結弦とブライアン・オーサーコーチ=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
高得点での優勝にキスアンドクライで驚く羽生結弦とブライアン・オーサーコーチ=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる
高得点での優勝にキスアンドクライで驚く羽生結弦とブライアン・オーサーコーチ=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
高得点での優勝にキスアンドクライで驚く羽生結弦とブライアン・オーサーコーチ=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる
高得点での優勝にキスアンドクライで驚く羽生結弦とブライアン・オーサーコーチ=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
高得点での優勝にキスアンドクライで驚く羽生結弦とブライアン・オーサーコーチ=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる
優勝した羽生結弦のフリープログラム=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
優勝した羽生結弦のフリープログラム=28日、ビッグハット (撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング