産経フォト

「虫の目」を持つカメラマン 昆虫写真家 栗林慧

栗林慧さんの新旧「昆虫撮影用カメラ」、左が「虫の目レンズ」を装着したソニー製のデジタルカメラ。右は中判サイズのフィルムを使用するゼンザブロニカを改造した“昆虫スナップカメラ”だ。レンズの真上にストロボを配置し、その閃光と高速シャッターで昆虫の動きを写し止める。もちろん、この他にも無数の機材が大切に保管されていた =長崎県平戸市田平町(尾崎修二撮影)

栗林慧さんの新旧「昆虫撮影用カメラ」、左が「虫の目レンズ」を装着したソニー製のデジタルカメラ。右は中判サイズのフィルムを使用するゼンザブロニカを改造した“昆虫スナップカメラ”だ。レンズの真上にストロボを配置し、その閃光と高速シャッターで昆虫の動きを写し止める。もちろん、この他にも無数の機材が大切に保管されていた =長崎県平戸市田平町(尾崎修二撮影)