産経フォト

【感彩写論】東北からの便り 京都・上京区 PM10:44

東日本大震災の月命日の11日、京都の学生が東北の食材や酒を提供し被災地に思いをはせる「きっかけ食堂」に、気仙沼の酒店から感謝の手紙が届いた。震災から7年半。「少しずつ、新しい街が出来てきました」復興支援はこれからも続く=9月11日午後10時44分、京都市上京区(奥清博撮影)

東日本大震災の月命日の11日、京都の学生が東北の食材や酒を提供し被災地に思いをはせる「きっかけ食堂」に、気仙沼の酒店から感謝の手紙が届いた。震災から7年半。「少しずつ、新しい街が出来てきました」復興支援はこれからも続く=9月11日午後10時44分、京都市上京区(奥清博撮影)