産経フォト

【白洲信哉 旅と美⑮】先祖の霊と過ごすひととき(お盆と墓参り)

次郎の父文平の墓。建築道楽だった文平は、大分県竹田市荻村にて孤独死。ベットの下に宮大工特製の棺桶があつらえてあった。亡骸は次郎が一人車で運んだという (PENTAX K-1、HD PENTAX-D FA28-105ミリ、F5.6 1/125sec ISO 400)

次郎の父文平の墓。建築道楽だった文平は、大分県竹田市荻村にて孤独死。ベットの下に宮大工特製の棺桶があつらえてあった。亡骸は次郎が一人車で運んだという (PENTAX K-1、HD PENTAX-D FA28-105ミリ、F5.6 1/125sec ISO 400)