産経フォト

“無限列車”運行始まる 京都鉄道博物館「鬼滅の刃」とコラボ【動画あり】 

乗り物

“無限列車”運行始まる 京都鉄道博物館「鬼滅の刃」とコラボ【動画あり】 

更新 jnl2012260001
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)  「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 記録的ヒットを続ける人気アニメ映画「鬼滅の刃」とコラボレーションした特別仕様の蒸気機関車が26日、京都市下京区の京都鉄道博物館で運行を始めた。運行は来年3月14日までで、1月11日までは前売り入館券が必要。
 鬼滅の刃は、大正時代を舞台に、鬼と化した妹を人間に戻そうと戦う主人公を描いた物語。原作と同じ大正時代に製造され、映画に登場する「無限列車」のモデルとされる蒸気機関車「8620形8630号機」に「無限」と記したプレートを装着。同館から梅小路公園までの往復約1キロを蒸気を上げて走行すると、集まったファンが盛んにシャッターを切っていた。

「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 アニメの主人公、竈門(かまど)炭治郎のコスプレをして家族と記念撮影をしていた神戸市の疋田凛乃丞(りんのすけ)君(6)は「映画そっくりでかっこよかった。刀は車に置いてきたけど列車に鬼が出たら戦うつもり」と話した。
 乗車料金は高校生以上300円、3歳以上100円。運行予定は同館公式サイトで。期間中は東映太秦映画村(京都市右京区)と嵐電でもコラボイベントが開催される。

「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車。コスプレをしたファンが訪れていた=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車。コスプレをしたファンが訪れていた=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影) 
画像を拡大する
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
蒸気を上げて走る「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
蒸気を上げて走る「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車と連結された客車。車内では主人公・竈門炭治郎のアナウンスが流れる=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
「鬼滅の刃」に登場する無限列車をイメージした特別仕様の蒸気機関車と連結された客車。車内では主人公・竈門炭治郎のアナウンスが流れる=26日、京都市下京区の京都鉄道博物館(渡辺恭晃撮影)キヤノン EOS-1D X:EF17-35mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

企画制作:産経デジタル