産経フォト

小林幸子、始球式でまさかのスイッチ 「疫病退散」、ランボルギーニで登場

エンタメ

小林幸子、始球式でまさかのスイッチ 「疫病退散」、ランボルギーニで登場

更新 jnl2010170001
セレモニアルピッチを務める小林幸子はスーパーカー「ランボルギーニ」に乗ってグラウンドに登場、ファンのみならず選手らの度肝を抜いた=メットライフドーム(撮影・尾崎修二) セレモニアルピッチを務める小林幸子はスーパーカー「ランボルギーニ」に乗ってグラウンドに登場、ファンのみならず選手らの度肝を抜いた=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
セレモニアルピッチに登場した小林幸子。「疫病退散」と書かれた扇子を手にマウンドへ =メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
画像を拡大する
セレモニアルピッチに登場した小林幸子。「疫病退散」と書かれた扇子を手にマウンドへ =メットライフドーム(撮影・尾崎修二)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 ネットの世界で「ラスボス」と親しまれる歌手の小林幸子が17日、西武-オリックス戦(メットライフドーム)の始球式に登場した。
 シルバーのドレスを身にまとって黄色のランボルギーニに乗り、バックスクリーンから現れた小林は「疫病退散」と書かれた大きな扇子を振りながらマウンド付近へ。
 スワロフスキー4000個をちりばめた“ド派手”な銀色のグラブを左手にはめると、右手で持った黄金のボールを額のあたりに掲げて念を込めた。そのまま投球に移るかと思われたが、西武の球団マスコット「レオ」にまさかの“スイッチ”。“ラスボス”は投球に合わせ、災いを吹き飛ばすかのように大きく扇子を振りながら「エイッ」と掛け声をかけていた。

 セレモニアルピッチに登場した小林幸子は黄金のボールに疫病退散の念を込める=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
画像を拡大する
セレモニアルピッチに登場した小林幸子は黄金のボールに疫病退散の念を込める=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 セレモニー後、小林は「スタジアムはわくわくしますね。私らしくするにはどうしたらいいかを考えました」と話した。
 この日の試合は「台湾デー」として開催。小林は2011年から観光親善大使を務めている。

小林幸子(左)から投球を託された西武の球団マスコット「レオ」=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
画像を拡大する
小林幸子(左)から投球を託された西武の球団マスコット「レオ」=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
セレモニアルピッチに登場した小林幸子だったが、投球はレオ。“ラスボス”は後方で扇子を振った=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
画像を拡大する
セレモニアルピッチに登場した小林幸子だったが、投球はレオ。“ラスボス”は後方で扇子を振った=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
セレモニアルピッチを務める小林幸子はスーパーカー「ランボルギーニ」に乗ってグラウンドに登場=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
画像を拡大する
セレモニアルピッチを務める小林幸子はスーパーカー「ランボルギーニ」に乗ってグラウンドに登場=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル