産経フォト

首相、近畿3府県の緊急事態解除を表明 1都4道県は「25日に判断」

時事

首相、近畿3府県の緊急事態解除を表明 1都4道県は「25日に判断」

更新 jnl2005210001
新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、近畿3府県の緊急事態宣言解除を表明する安倍晋三首相(手前から2人目)=21日午後、首相官邸(春名中撮影) 新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、近畿3府県の緊急事態宣言解除を表明する安倍晋三首相(手前から2人目)=21日午後、首相官邸(春名中撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
近畿三府県の緊急事態宣言解除などについて記者団の質問に答える安倍晋三首相=21日午後、首相官邸(春名中撮影)
画像を拡大する
近畿三府県の緊急事態宣言解除などについて記者団の質問に答える安倍晋三首相=21日午後、首相官邸(春名中撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 安倍晋三首相は21日、官邸で記者団に、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を大阪、京都、兵庫の近畿3府県で解除すると表明した。新規感染者数の増加に歯止めがかかり、病床数や検査体制の確保にめどが立ったと判断した。「感染状況、医療提供体制などについて専門家の評価をいただいた結果、解除することにした」と説明。抗原検査などによる検査体制の拡充、医療提供体制の強化などに触れ「次なる流行の波に対する備えについても、知事や自治体と連携しながら万全を期していきたい」と強調した。
 宣言が継続される東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県と北海道については「新規の感染者は確実に減少し、医療のひっ迫状況も改善傾向にある。週明け早々、25日にも専門家に状況を評価していただき、今の状況が継続されれば解除も可能になる」との見通しを示した。

企画制作:産経デジタル