産経フォト

大関朝乃山が誕生「相撲を愛し、力士として正義を全う」

スポーツ

大関朝乃山が誕生「相撲を愛し、力士として正義を全う」

更新 jnl2003250001
若手力士に担がれ、ポーズをとる朝乃山=25日午前、大阪市中央区(撮影・恵守乾) 若手力士に担がれ、ポーズをとる朝乃山=25日午前、大阪市中央区(撮影・恵守乾)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF24-105mm F4L IS Ⅱ USM
 大関昇進の伝達を受ける朝乃山(右側中央)と高砂親方夫妻=25日午前、大阪市中央区
画像を拡大する
 大関昇進の伝達を受ける朝乃山(右側中央)と高砂親方夫妻=25日午前、大阪市中央区キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 日本相撲協会は25日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で大相撲夏場所の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇朝乃山(26)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=の大関昇進を満場一致で正式に決めた。
 相撲協会は出羽海理事と千田川審判委員を使者として大阪市中央区の高砂部屋宿舎に派遣し、昇進を伝達。令和初の新大関となった朝乃山は「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」と口上を述べた。

鯛を手に、笑顔で記念写真に納まる朝乃山(中央)=25日午前、大阪市中央区(撮影・恵守乾)
画像を拡大する
鯛を手に、笑顔で記念写真に納まる朝乃山(中央)=25日午前、大阪市中央区(撮影・恵守乾)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 伝達式後に記者会見した朝乃山は口上について「(母校・富山商高の教育目標にある)愛と正義を分けて入れ、中学から好きだった『一生懸命』という言葉も入れた」と説明。「少しずつ実感が湧いてきた。しっかりと右四つを磨き、新たな歴史をつくっていきたい」と意欲を語った。

異例の伝達式、報道陣制限

 大関昇進伝達式は、異例の形式で行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、晴れの席には代表2社など限られた報道陣しか立ち会えなかった。

 通常の伝達式では、大勢の報道陣が力士とともに昇進を伝える使者の到着を待機。だが今回、約30人の報道陣は日本相撲協会の臨時理事会が開かれた大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪内の一室に集まった。部屋宿舎にいる代表社と通話状態にした携帯電話で新大関らの音声をつなぎ、スピーカー越しでのやりとりに耳を傾けた。

 多数の報道陣には伝達式での口上や、記者会見での朝乃山の喜びの声は音声のみで伝えられた。初の無観客開催だった春場所に続き、ウイルス禍は伝達式にまで及んだ。

企画制作:産経デジタル