産経フォト

防護服最大10万着、中国に追加提供へ 新型肺炎で都、二階氏の要請受け

時事

防護服最大10万着、中国に追加提供へ 新型肺炎で都、二階氏の要請受け

更新 jnl2002040002
自民党・二階俊博幹事長との面会を終え記者団の質問に答える小池百合子東京都知事=4日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影) 自民党・二階俊博幹事長との面会を終え記者団の質問に答える小池百合子東京都知事=4日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
自民党・二階俊博幹事長との面会を終え記者団の質問に答える小池百合子東京都知事=4日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
画像を拡大する
自民党・二階俊博幹事長との面会を終え記者団の質問に答える小池百合子東京都知事=4日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 自民党の二階俊博幹事長は4日、党本部で東京都の小池百合子知事と面会し、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの対応のため、都が保有する防護服について最大10万着の提供を要請した。小池氏は「都の備蓄態勢は整っている。大元である中国での対策にお使い頂けるならば」と応じた。面会後、小池氏が記者団に明らかにした。
 都はこれまで約2万着の防護服を政府が派遣した邦人の帰国用チャーター機を使って中国湖北省に送ったが、今回、二階氏から5万~10万着の追加要請を受けた。
 小池氏は、東京五輪・パラリンピック開催に向けた国の感染防止策などの対応に関して「水際対策についてかなり厳しく当たっていることは心強く思っている。都としてもできることを国と連携しながら進めたい」と述べた。

企画制作:産経デジタル