産経フォト

静岡学園、24大会ぶり優勝 高校サッカー、青森山田に3-2

スポーツ

静岡学園、24大会ぶり優勝 高校サッカー、青森山田に3-2

更新 jnl2001130003
後半、勝ち越しのゴールを決める静岡学園・中谷颯辰 =13日、埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗) 後半、勝ち越しのゴールを決める静岡学園・中谷颯辰 =13日、埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
集合写真におさまる静岡学園イレブン =13日、埼玉スタジアム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
集合写真におさまる静岡学園イレブン =13日、埼玉スタジアム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、さいたま市の埼玉スタジアムで行われ、静岡学園が3-2で前回大会王者の青森山田を下し、1995年度以来、24大会ぶり2度目の優勝を果たした。単独優勝は初。

 静岡学園は前半33分までに0-2とリードを許したが、同ロスタイムにFKのこぼれ球をDF中谷が押し込み後半へ。

 後半16分に今大会初先発のFW加納が同点弾を決めると、攻勢を続け、同40分に中谷がFKから頭で決勝点を奪った。

企画制作:産経デジタル