産経フォト

“大人の階段”上る あべのハルカス展望台で成人式

イベント

“大人の階段”上る あべのハルカス展望台で成人式

更新 jnl2001130001
あべのハルカスの60階までの階段をのぼる新成人 =13日午前、大阪市阿倍野区(彦野公太朗撮影) あべのハルカスの60階までの階段をのぼる新成人 =13日午前、大阪市阿倍野区(彦野公太朗撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F2.8L USM
あべのハルカスの60階までの階段をのぼりきった新成人。記念の自撮り撮影におさまった =13日午前、大阪市阿倍野区(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
あべのハルカスの60階までの階段をのぼりきった新成人。記念の自撮り撮影におさまった =13日午前、大阪市阿倍野区(彦野公太朗撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF24-105mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 成人の日の13日、大阪市阿倍野区の日本一高いビル「あべのハルカス」で、新成人が階段を使って最上階60階の展望台を目指す「地上300メートルの成人式」が開かれた。振り袖やスーツ姿の98人が参加し、1637段の“大人の階段”を一歩一歩上った。

あべのハルカスの60階までの階段をのぼりきった新成人 =13日午前、大阪市阿倍野区(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
あべのハルカスの60階までの階段をのぼりきった新成人 =13日午前、大阪市阿倍野区(彦野公太朗撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F2.8L USMフルスクリーンで見る 閉じる

 近鉄不動産が企画し、一般に参加者を募った。新成人は「全力で生き抜く」「何事にも負けない」などの抱負を自分で書いたたすきをかけ、午前9時に地下1階を出発。55分前後で全員が息を切らしながら展望台に到着した。

 スーツ姿で上った大阪市の大学2年、佐藤充輝(みつき)さんは(20)は「常識ある大人になる。保育士の資格を取り、障害を持つ子供たちのために働きたい」と意気込みを語った。

企画制作:産経デジタル