産経フォト

晩秋の会津 紅葉の中をガタンゴトン 福島・只見線

自然・風景

晩秋の会津 紅葉の中をガタンゴトン 福島・只見線

更新 jnl1911140002
紅葉に包まれ第一只見川橋梁を渡る、JR只見線のキハ40系気動車(会津川口発会津若松行き426D)=14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影) 紅葉に包まれ第一只見川橋梁を渡る、JR只見線のキハ40系気動車(会津川口発会津若松行き426D)=14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影)キヤノン EOS Kiss X8i:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
紅葉と川霧に包まれ幻想的な風景の中、第一只見川橋梁を渡る、JR只見線のキハ40系気動車(会津若松発会津川口行き425D) =14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影)
画像を拡大する
紅葉と川霧に包まれ幻想的な風景の中、第一只見川橋梁を渡る、JR只見線のキハ40系気動車(会津若松発会津川口行き425D) =14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影)キヤノン EOS Kiss X8i:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMフルスクリーンで見る 閉じる

 晩秋の会津地方を走り抜けるJR只見線の周辺で、色鮮やかな紅葉が見頃を迎えている。

 JR只見線(全長135.2キロ)は会津若松駅と新潟県の小出駅を結ぶ路線。会津川口駅(金山町)-只見駅(只見町)間は平成23年の新潟・福島豪雨で橋が流されるなどして現在も不通が続いており、令和3年度中の運行再開に向けて復旧工事が進んでいる。

紅葉に包まれ第一只見川橋梁を渡る、JR只見線のキハ40系気動車(会津川口発会津若松行き426D) =14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影)
画像を拡大する
紅葉に包まれ第一只見川橋梁を渡る、JR只見線のキハ40系気動車(会津川口発会津若松行き426D) =14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影)キヤノン EOS Kiss X8i:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMフルスクリーンで見る 閉じる

 車窓からの絶景が人気を集めているJR只見線は、海外からの観光客にも注目されている。撮影ポイントとして知られる第一只見川橋梁を見渡せる三島町の展望台には14日、あいにくの空模様にもかかわらず、朝から10人ほどが撮影に訪れていた。

川霧が漂う中、紅葉に包まれ第一只見川橋梁を渡るJR只見線のキハ40系気動車(会津若松発会津川口行き425D) =14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影)
画像を拡大する
川霧が漂う中、紅葉に包まれ第一只見川橋梁を渡るJR只見線のキハ40系気動車(会津若松発会津川口行き425D) =14日、福島県三島町(芹沢伸生撮影)キヤノン EOS Kiss X8i:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMフルスクリーンで見る 閉じる

 近くの道の駅尾瀬街道みしま宿のスタッフは「紅葉はそろそろ終わり。ピークを過ぎて観光客は随分減ってきた」と話していた。

企画制作:産経デジタル