産経フォト

南アが3度目V ラグビーW杯、イングランド破る

スポーツ

南アが3度目V ラグビーW杯、イングランド破る

更新 jnl1911020002
優勝し、ウェブ・エリス杯を掲げるシヤ・コリシ(中央)と拳を突き上げて喜ぶ南アフィフティーン=日産スタジアム (撮影・山田俊介) 優勝し、ウェブ・エリス杯を掲げるシヤ・コリシ(中央)と拳を突き上げて喜ぶ南アフィフティーン=日産スタジアム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅲ USM
後半、突進してトライを決める南アのマカゾレ・マピンピ=日産スタジアム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
後半、突進してトライを決める南アのマカゾレ・マピンピ=日産スタジアム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 第9回ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜市の日産スタジアムで決勝が行われ、世界ランキング3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で破り、頂点に立った。2007年以来3大会ぶり3度目の優勝。ニュージーランドが持つ大会最多優勝に並んだ。

後半、トライを決める南アフリカのマカゾレ・マピンピ(中央・11番)= 日産スタジアム (撮影・中井誠)
画像を拡大する
後半、トライを決める南アフリカのマカゾレ・マピンピ(中央・11番)= 日産スタジアム (撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 南アフリカが後半の2トライでイングランドを突き放した。前半を12-6とリードして折り返した南アは、18-12の後半26分、センターライン付近から左サイドに展開。マピンピがショートパントを放つと、アムを経由してボールは再びマピンピへ。そのまま持ち込んで、両チーム通じて初のトライを挙げた。34分には右サイドを駆け上ったコルビが、巧みなステップでディフェンスを振り切ってトライを決め、ゴールも決まって32-12とリードを20点差に広げ、逃げ切った。

 前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ監督率いるイングランドは03年以来2度目の制覇はならなかった。

後半、トライを決める南アフリカのチェスリン・コルビ=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
後半、トライを決める南アフリカのチェスリン・コルビ=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
後半、トライを決めた後、手を合わせる南アのチェスリン・コルビ=日産スタジアム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
後半、トライを決めた後、手を合わせる南アのチェスリン・コルビ=日産スタジアム (撮影・山田俊介) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅲフルスクリーンで見る 閉じる
後半、トライを決め喜ぶ南アフリカのチェスリン・コルビ(中央上)=日産スタジアム(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
後半、トライを決め喜ぶ南アフリカのチェスリン・コルビ(中央上)=日産スタジアム(撮影・松永渉平)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
試合に勝ち、喜ぶ南アフリカフィフティーン=日産スタジアム (撮影・中井誠)
画像を拡大する
試合に勝ち、喜ぶ南アフリカフィフティーン=日産スタジアム (撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
優勝に歓喜する南アの選手ら=日産スタジアム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
優勝に歓喜する南アの選手ら=日産スタジアム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル