産経フォト

「分身ロボ」カフェ、東京に期間限定オープン 乙武さん「セクシーに問題解決」

時事

「分身ロボ」カフェ、東京に期間限定オープン 乙武さん「セクシーに問題解決」

更新 jnl1910080001
分身ロボット「OriHime-D」と記念撮影するアドバイザーの乙武洋匡氏 =7日、東京都千代田区(渡辺恭晃撮影) 分身ロボット「OriHime-D」と記念撮影するアドバイザーの乙武洋匡氏 =7日、東京都千代田区(渡辺恭晃撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
「分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0」でOriHime-Dからドリンクを受け取る客 =7日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
画像を拡大する
「分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0」でOriHime-Dからドリンクを受け取る客 =7日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)キヤノン EOS-1D X:EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 ロボット開発ベンチャーのオリィ研究所(東京都港区)は7日、重度の障害者や外出困難な人が同社の分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を遠隔操作して接客する期間限定カフェを東京・大手町にオープンした。昨年11~12月に続く2回目の試みで、今回は障害者らの役割分担を増やすなど改良を加えた。カフェの開設は23日まで(不定休あり)だが、吉藤健太朗最高経営責任者(CEO)は「来年には常設を目指したい」としている。

 昨年の期間限定カフェでは、インターネットで資金を募るクラウドファンディングで約330万円を調達し、約1千人が来場。ロボットを操作した障害者ら10人のパイロットからは「人と接することで大きな刺激を得た」「以前より話すのがうまくなった」といった声が寄せられたという。

「分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0」で配膳するOriHime-D =7日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
画像を拡大する
「分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0」で配膳するOriHime-D =7日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 今年は昨年の3倍以上となる約1千万円の資金を調達。パイロットの応募者も増え、30人がロボット操作にあたる。海外からロボットを操作するケースもあるといい、パイロットの増加に伴い、注文係、給仕係、ホールマネジャーなど役割を細分化させた。

 カフェでは利用者がロボットによる接客を受けられるほか、パイロットが接客で使う同社の視線入力装置を、利用者が体験することもできるという。

 オープニングセレモニーに参加した作家の乙武洋匡さんは、国連本部での小泉進次郎環境相の発言を引用し、「(障害者の雇用促進を)セクシーに解決している」と同社の取り組みを評価した。

企画制作:産経デジタル