産経フォト

台風で倒れても「起き上がった」 キバナコスモスが見頃、国営昭和記念公園

自然・風景

台風で倒れても「起き上がった」 キバナコスモスが見頃、国営昭和記念公園

更新 jnl1909240001
見頃を迎えたキバナコスモス=23日、国営昭和記念公園(飯田英男撮影) 見頃を迎えたキバナコスモス=23日、国営昭和記念公園(飯田英男撮影)キヤノン EOS 6D Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USM

 東京都の立川、昭島両市にまたがる国営昭和記念公園で約70万本のキバナコスモスが見頃を迎えた。

 「レモンブライト」というさわやかなレモン色が特徴の品種で、訪れた人たちは一足早い秋の風景を楽しんでいた。

見頃を迎えたキバナコスモス=23日、国営昭和記念公園(飯田英男撮影)
画像を拡大する
見頃を迎えたキバナコスモス=23日、国営昭和記念公園(飯田英男撮影)キヤノン EOS 6D Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 首都圏を直撃した台風15号の強風で多くが倒れてしまったが、自然に起き上がり再生したという。同園の職員は「台風通過後5日ほどで茎が起き上がった。期待以上に回復が早かった」と話している。

 今月29日には摘み取り体験が行われる。

企画制作:産経デジタル