産経フォト

片付けに追われる住民 “スーパーボランティア”尾畠さんも駆け付け 九州北部大雨

時事

片付けに追われる住民 “スーパーボランティア”尾畠さんも駆け付け 九州北部大雨

更新 jnl1908290001
妹と一緒に実家の日用品雑貨店の片付けをする緒方涼菜さん(奥・26、小学校教諭)。「28日の早朝に水位が上がってきて怖かった。この先どうしたらよいのか」と話した =29日午前、佐賀県武雄市朝日町(寺口純平撮影) 妹と一緒に実家の日用品雑貨店の片付けをする緒方涼菜さん(奥・26、小学校教諭)。「28日の早朝に水位が上がってきて怖かった。この先どうしたらよいのか」と話した =29日午前、佐賀県武雄市朝日町(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F2.8L Ⅱ USM
今朝大分から駆けつけ、家の片付けを手伝う“スーパーボランティア”の尾畠春夫さん=29日午前、佐賀県武雄市朝日町(寺口純平撮影)
画像を拡大する
今朝大分から駆けつけ、家の片付けを手伝う“スーパーボランティア”の尾畠春夫さん=29日午前、佐賀県武雄市朝日町(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F2.8L Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 猛烈な雨に見舞われた佐賀県内では29日、水が引いた地域の住民は、家の後片付けに追われた。“スーパーボランティア”の尾畠春夫さんも大分から武雄市へ今朝駆けつけ、手伝いをしていた。

 武雄市で自宅に流入した土砂をかき出す石橋勝洋さん(75)は「ここらは昔から水害の多いところ。家の中は畳も電化製品も衣類も駄目。台風の時期にもなるし、どうしようか」と話した。

企画制作:産経デジタル