産経フォト

京大・山中伸弥氏が始球式 華麗なフォーム、多角度から

エンタメ

京大・山中伸弥氏が始球式 華麗なフォーム、多角度から

更新 jnl1908170001
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘)  始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×

 2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長(56)が17日、巨人-阪神戦(東京ドーム)の始球式を行った。

 捕手役は鈴木尚広外野守備走塁コーチが務めた。

 山中氏は「iPS細胞研究基金」と文字が入ったTシャツ姿で登場。大きく振りかぶってから思い切りよく腕を振る、華麗なフォームを披露した。投じたボールはワンバウンドとなったが、スタンドからは大きな拍手が送られた。

 多角度からの写真です。

始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) 
画像を拡大する
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×フルスクリーンで見る 閉じる
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) 
画像を拡大する
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×フルスクリーンで見る 閉じる
始球式を行う山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)
画像を拡大する
始球式を行う山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)キヤノン EOS-1D X:EF800mm F5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
始球式を行う京都大の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
始球式を行う京都大の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・松永渉平)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) 
画像を拡大する
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×フルスクリーンで見る 閉じる
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) 
画像を拡大する
始球式を行う京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏=東京ドーム(撮影・矢島康弘) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×フルスクリーンで見る 閉じる
始球式を終え、巨人・原辰徳監督(左)と握手を交わす京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏 =東京ドーム(撮影・福島範和)
画像を拡大する
始球式を終え、巨人・原辰徳監督(左)と握手を交わす京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏 =東京ドーム(撮影・福島範和)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF600mm F4L IS Ⅲ USM +EF1.4X Ⅲフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル