産経フォト

韓国、WTOで輸出規制撤回要求 野上副長官「指摘は全く当たらない」

時事

韓国、WTOで輸出規制撤回要求 野上副長官「指摘は全く当たらない」

更新 jnl1907100001
会見を行う野上浩太郎官房副長官=10日午前、首相官邸(春名中撮影)  会見を行う野上浩太郎官房副長官=10日午前、首相官邸(春名中撮影) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
会見を行う野上浩太郎官房副長官=10日午前、首相官邸(春名中撮影) 
画像を拡大する
会見を行う野上浩太郎官房副長官=10日午前、首相官邸(春名中撮影) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 野上浩太郎官房副長官は10日午前の記者会見で、韓国側が世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会で政府による半導体材料の輸出規制強化を批判し、即時撤回を求めたことについて「日本の輸出管理制度を適切に実施するために必要な見直しだ。WTO違反との指摘は全く当たらない」と反論し、撤回しない考えを示した。
 韓国の白芝娥駐ジュネーブ国際機関代表部大使は9日(日本時間10日)に開かれた同理事会での演説で「WTOの自由貿易の原則から外れる」と政府の対応を批判していた。
 野上氏は同理事会での日本側の対応について「韓国に実施してきた簡素化した手続きを通常に戻すもので、WTO協定とも整合的だと説明した」と語り、韓国側の主張に反論したことを強調した。

企画制作:産経デジタル