産経フォト

報道陣の前で土下座 田口淳之介被告が保釈

時事

報道陣の前で土下座 田口淳之介被告が保釈

更新 jnl1906070002
保釈され、報道陣を前に土下座して謝罪する田口淳之介被告=東京・青海 (撮影・中井誠)  保釈され、報道陣を前に土下座して謝罪する田口淳之介被告=東京・青海 (撮影・中井誠) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM

 大麻取締法違反(所持)の罪で起訴され、東京地裁が保釈決定を出したアイドルグループ、KAT-TUN(カトゥーン)」の元メンバーで歌手、田口淳之介被告(33)が7日、保証金300万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

報道陣を前に土下座する田口淳之介被告=東京・青海 (撮影・中井誠)
画像を拡大する
報道陣を前に土下座する田口淳之介被告=東京・青海 (撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 田口被告は黒のスーツ姿で午後7時過ぎ、同署を出た。報道陣を前に神妙な表情で「この度は私が起こした事件で皆様にご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。しばらくの間、芸能活動は休止させていただきます」と深々と頭を下げた後、約20秒間にわたって土下座で謝罪した。
 ともに起訴された小嶺麗奈被告(38)もこの日、保証金300万円を納付。田口被告より先に同署から保釈された。
 起訴状によると、2人は5月22日、一緒に住んでいた東京・世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとしている。

企画制作:産経デジタル