産経フォト

吉田輝星が初の打撃投手 日本ハムD1右腕「調子上がってきている」

スポーツ

吉田輝星が初の打撃投手 日本ハムD1右腕「調子上がってきている」

更新 jnl1902110001
初の打撃投手を務めた日本ハム・吉田輝星=国頭(撮影・矢島康弘) 初の打撃投手を務めた日本ハム・吉田輝星=国頭(撮影・矢島康弘)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM

 秋田・金足農高から、日本ハムのドラフト1位指名を受けプロ入りした吉田輝星投手が11日、沖縄・国頭村の2軍キャンプで初の打撃投手を務めた。
 同じく新人でドラフト2位内野手・野村佑希(花咲徳栄高)に対して25球を投げた。
 ボール球が半分ほどあったものの安打性の打球は1本のみ。吉田は「調子は上がってきている」と笑顔で振り返った。

初の打撃投手を務めた日本ハム・吉田輝星=国頭(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
初の打撃投手を務めた日本ハム・吉田輝星=国頭(撮影・矢島康弘)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
初の打撃投手を務めた日本ハム・吉田輝星=国頭(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
初の打撃投手を務めた日本ハム・吉田輝星=国頭(撮影・矢島康弘)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル