産経フォト

G20備え警護訓練公開 大阪府警

時事

G20備え警護訓練公開 大阪府警

更新 jnl1901210004
 訓練生らに要人警護の手本を見せる警護員=21日午前、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(寺口純平撮影)  訓練生らに要人警護の手本を見せる警護員=21日午前、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X MarkⅡ:EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
 要人警護の訓練をする大阪府警の警察官ら=21日午前、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(寺口純平撮影)
画像を拡大する
 要人警護の訓練をする大阪府警の警察官ら=21日午前、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 6月に大阪市で開催される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に備え、大阪府警は21日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居で、サミットで要人警護にあたる警察官の警護技術を磨く訓練を行った。

 サミットには、招待を含めて37の国と国際機関が参加予定。府警警衛警護課に所属する要人警護専従の警察官では足りないため、警察署などから約300人を臨時招集。この日が1回目で、毎月複数回訓練を重ねる。

G20大阪サミットに向け、要人警護の訓練をする大阪府警の警察官ら=21日午前、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(寺口純平撮影)
画像を拡大する
G20大阪サミットに向け、要人警護の訓練をする大阪府警の警察官ら=21日午前、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 訓練では、刃物を持った人物が要人を襲うことを想定。警衛警護課員が「後ろに守る人がいることをしっかり意識するように」などと指導する中、二人一組で暴漢役と警護員に別れ、刃物を持つ手の動きを封じ込めたり、突進する相手に体をぶつけて進路をずらしたりする基本動作を学んだ。

 利岡孝一朗課長は「要人を守る最後のとりでであることを自覚し、反射的に体が動くようになるまで全力で訓練に励んでもらいたい」と話した。

企画制作:産経デジタル