産経フォト

吉田沙保里が引退会見 「レスリングは全てやり尽くした」

スポーツ

吉田沙保里が引退会見 「レスリングは全てやり尽くした」

更新 jnl1901100002
引退会見後、母・幸代さんと笑顔で記念撮影に応じる吉田沙保里=都内(撮影・斎藤浩一) 引退会見後、母・幸代さんと笑顔で記念撮影に応じる吉田沙保里=都内(撮影・斎藤浩一)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
引退会見で晴れやかな笑顔を見せる吉田沙保里=都内(撮影・長尾みなみ)
画像を拡大する
引退会見で晴れやかな笑顔を見せる吉田沙保里=都内(撮影・長尾みなみ)キヤノン EOS-1D X:EF300mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 レスリング女子で五輪と世界選手権を合わせた世界大会16連覇の記録を持つ吉田沙保里(36)が10日、東京都内のホテルで記者会見を開き、現役引退を発表した。吉田は「このたび、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断しました。自分自身と向き合ったとき、レスリングは全てやり尽くしたという思いが強く、引退することにした」と、すっきりした表情を見せた。今後は日本女子代表コーチとして、2020年東京五輪に向けて後進をサポートするという。

企画制作:産経デジタル