産経フォト

「米寿」記念に証明書配布 大阪城天守閣

時事

「米寿」記念に証明書配布 大阪城天守閣

更新 jnl1811070001
配布された「大阪城天守閣登閣証明書」を手にする観光客=7日午前、大阪市中央区(寺口純平撮影) 配布された「大阪城天守閣登閣証明書」を手にする観光客=7日午前、大阪市中央区(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X:EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM

 昭和6年11月7日に復興された大阪城天守閣(大阪市中央区)が7日、「87歳の誕生日」を迎えた。数え年では「88歳の米寿」。現在3代目の天守は歴代最長命で、長寿を祝う記念の「登閣証明書」が入館者に配られた。

来場者に配布された「大阪城天守閣登閣証明書」=7日午前、大阪市中央区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
来場者に配布された「大阪城天守閣登閣証明書」=7日午前、大阪市中央区(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X:EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 同天守閣によると、初代は、豊臣秀吉が天正13(1585)年に完成させたが、30年後の大坂夏の陣で焼失。徳川幕府が再建した2代目も寛文5(1665)年に落雷で焼失した。3代目は、市民の全額寄付により整備。鉄骨鉄筋コンクリート製で秀吉時代の天守をモデルにしたという。

 この日は先着5千人に天守閣の屋根の形をした登閣証明書を配布。観光客らは天守閣を背景に、証明書を頭に掲げるなどして記念撮影を楽しんでいた。中国から訪れたシャン・バオ・ジャンさん(39)は「おめでたい日に来られて幸せ」と話した。

企画制作:産経デジタル