産経フォト

統合新会社の社長に出光・木藤氏 出光と昭和シェル 

時事

統合新会社の社長に出光・木藤氏 出光と昭和シェル 

更新 jnl1810160001
 会見を終え握手を交わす(左から)出光興産の木藤俊一社長、昭和シェル石油の亀岡剛社長=16日午後、東京都千代田区(古厩正樹撮影)  会見を終え握手を交わす(左から)出光興産の木藤俊一社長、昭和シェル石油の亀岡剛社長=16日午後、東京都千代田区(古厩正樹撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM

 来年4月1日に株式交換による経営統合の実現で合意している、石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は16日、統合後の新会社の社長に出光の木藤俊一社長(62)が就任し、出光の月岡隆会長(67)と昭和シェルの亀岡剛社長(61)は、それぞれ代表権を持つ会長、副会長となる人事を発表した。

 記者会見した両社の社長は、統合の株式交換比率について昭和シェル株1株に対し、出光株を0・41株割り当てることを明らかにした。

 会見を終え席を立つ(左から)昭和シェル石油の亀岡剛社長と出光興産の木藤俊一社長=16日午後、東京都千代田区(古厩正樹撮影)
画像を拡大する
 会見を終え席を立つ(左から)昭和シェル石油の亀岡剛社長と出光興産の木藤俊一社長=16日午後、東京都千代田区(古厩正樹撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
 会見する(左から)昭和シェル石油の亀岡剛社長と出光興産の木藤俊一社長=16日午後、東京都千代田区(古厩正樹撮影)
画像を拡大する
 会見する(左から)昭和シェル石油の亀岡剛社長と出光興産の木藤俊一社長=16日午後、東京都千代田区(古厩正樹撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル