産経フォト

和洋折衷の光の世界 大阪城公園でイルミネーション

イベント

和洋折衷の光の世界 大阪城公園でイルミネーション

更新 jnl1711220003
大阪城西の丸庭園で始まった「大阪城イルミナージュ」=22日、大阪市中央区(門井聡撮影) 大阪城西の丸庭園で始まった「大阪城イルミナージュ」=22日、大阪市中央区(門井聡撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF24-70mm F4L IS USM
大阪城西の丸庭園で始まった「大阪城イルミナージュ」=22日、大阪市中央区(門井聡撮影)
画像を拡大する
大阪城西の丸庭園で始まった「大阪城イルミナージュ」=22日、大阪市中央区(門井聡撮影)キヤノン EOS-1D X:EF24-70mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 大阪城公園(大阪市中央区)で22日、LED電球約300万個を使ったイルミネーションイベント「大阪城イルミナージュ」が始まった。来年2月25日まで。

 LEDでかたどった扇子やちょうちんなど「和」の雰囲気を演出した「幕末・維新エリア」と、フランスの街並みを表現した「ブルターニュ大公城エリア」があり、担当者は「和洋折衷の光の世界を楽しんでほしい」と話している。

 大人1200円、小学生以下600円、3歳未満は無料。ライトアップは午後5時半~9時半(入場は9時まで)。

企画制作:産経デジタル