産経フォト

再来年のNHK大河ドラマは「いだてん」 勘九郎さん、阿部さん主演

エンタメ

再来年のNHK大河ドラマは「いだてん」 勘九郎さん、阿部さん主演

更新 jnl1704030005
「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で記念撮影をする(左から)田畑政治役の阿部サダヲさん、金栗四三役の中村勘九郎さん、脚本の宮藤官九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐) 「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で記念撮影をする(左から)田畑政治役の阿部サダヲさん、金栗四三役の中村勘九郎さん、脚本の宮藤官九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)キヤノン EOS 5D Mark Ⅲ:EF70-300mm F4-5.6L IS USM
「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で話す金栗四三役の中村勘九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)
画像を拡大する
「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で話す金栗四三役の中村勘九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)キヤノン EOS 6D:EF70-300mm F4-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 NHKは3日、2019年放送の大河ドラマのタイトルが「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」になると発表した。日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から、64年の東京大会までの52年間を描く作品で、主人公はマラソン選手の金栗四三(しそう)と、水泳指導者の田畑政治の2人。金栗役を歌舞伎俳優の中村勘九郎さん、田畑役を俳優の阿部サダヲさんがそれぞれ演じる。

「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で話す田畑政治役の阿部サダヲさん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)
画像を拡大する
「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で話す田畑政治役の阿部サダヲさん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)キヤノン EOS 6D:EF70-300mm F4-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 勘九郎さんは「金栗さんはマラソンに生涯をささげた人。その熱量とストイックさには頭が下がる思いです。笑顔を絶やさず、撮影を体力・気力・努力で走り抜けたい」、阿部さんは「僕は今、(放送中の大河ドラマ)『おんな城主 直虎』で徳川家康役で出ているので、お声がかかりびっくりした。一生懸命頑張りたい」と、それぞれ意気込みを語った。

「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で話す脚本の宮藤官九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)
画像を拡大する
「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見で話す脚本の宮藤官九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)キヤノン EOS 6D:EF70-300mm F4-5.6L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 同作は、来年の大河ドラマ「西郷どん」に続き、再来年の1月から放送。脚本は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などを手掛けた宮藤官九郎さんが担当する。大河ドラマで近現代史を扱うのは昭和61年の「いのち」以来。関東大震災や戦争に翻弄されながらも、東京五輪実現にこぎ着けるまでのスポーツマンたちの姿を描く予定。

「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見に出席する左から制作統括の訓覇圭さん、金栗四三役の中村勘九郎さん、田畑政治役の阿部サダヲさん、脚本の宮藤官九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)
画像を拡大する
「いだてん ~東京オリムピック噺~」の発表会見に出席する左から制作統括の訓覇圭さん、金栗四三役の中村勘九郎さん、田畑政治役の阿部サダヲさん、脚本の宮藤官九郎さん =3日、東京都渋谷区のNHK放送センター(撮影・早坂洋祐)キヤノン EOS 5D Mark Ⅲ:EF24-105mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル