産経フォト

ボクシング、長谷川穂積が引退表明 世界3階級王者

スポーツ

ボクシング、長谷川穂積が引退表明 世界3階級王者

更新 jnl1612090001
【ボクシング・長谷川穂積会見】引退会見で山下正人会長から花束をもらう長谷川穂積=兵庫県神戸市・神戸ポートピアホテル(撮影・安部光翁) 【ボクシング・長谷川穂積会見】引退会見で山下正人会長から花束をもらう長谷川穂積=兵庫県神戸市・神戸ポートピアホテル(撮影・安部光翁)キヤノン EOS-1D X MarkⅡ:EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
【ボクシング・長谷川穂積会見】引退会見を行う長谷川穂積=9日午後、兵庫県神戸市・神戸ポートピアホテル(撮影・安部光翁)
画像を拡大する
【ボクシング・長谷川穂積会見】引退会見を行う長谷川穂積=9日午後、兵庫県神戸市・神戸ポートピアホテル(撮影・安部光翁)キヤノン EOS-1D X MarkⅡ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35)=真正=が9日、現役引退を表明した。同日午後に神戸市内で行われた記者会見で、「自分自身に対してこれ以上証明することがなくなった。目標を達成して戦う理由もなくなり、前回の戦い以上の気持ちを作ることができなくなった」と心境を語った。後日ベルトを返上する予定という。

【ボクシング・長谷川穂積会見】引退会見でチャンピオンベルトを前にポーズをとる長谷川穂積=兵庫県神戸市・神戸ポートピアホテル(撮影・安部光翁)
画像を拡大する
【ボクシング・長谷川穂積会見】引退会見でチャンピオンベルトを前にポーズをとる長谷川穂積=兵庫県神戸市・神戸ポートピアホテル(撮影・安部光翁)キヤノン EOS-1D X MarkⅡ:EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 長谷川は平成17年4月にウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)を破ってWBCバンタム級王座を奪取し、10度防衛。22年4月に11度目の防衛戦で敗れて王座陥落。同年11月にWBCフェザー級王座を獲得したが、23年4月の初防衛戦で敗戦した。その後スーパーバンタム級に転級。今年9月に行われたタイトルマッチを制し、日本人最年長の35歳9カ月で世界奪取の偉業を達成。日本選手4人目の世界3階級王者となった。戦績は41戦36勝(16KO)5敗。

企画制作:産経デジタル