産経フォト

新成人、晴れ着で腕前競う 「大的全国大会」

イベント

新成人、晴れ着で腕前競う 「大的全国大会」

更新 jnl1601170001
三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影) 三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
画像を拡大する
三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 京都市東山区の三十三間堂で17日、伝統の競技「通し矢」に由来する弓の引き初め「大的(おおまと)全国大会」が行われ、晴れ着姿の新成人約1800人が腕前を競った。
 江戸時代、三十三間堂の長さ約120メートルの軒下で、武士が一昼夜かけて何本の矢を射通せるかを競った「通し矢」が起源。現在は境内で約60メートル先に置かれた直径1メートルの的を狙う。寒空のもと、振り袖にたすきをかけた新成人の女性たちが整列。表情を引き締め、次々に矢を放った。

三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
画像を拡大する
三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
画像を拡大する
三十三間堂で行われた「大的全国大会」。あでやかな晴れ着姿の新成人らが腕前を競いあった=17日午前、京都市東山区(志儀駒貴撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル