産経フォト

ヨシを使った門松作り 宮城・石巻市

時事

ヨシを使った門松作り 宮城・石巻市

更新 jnl1512270001
製造と出荷の最盛期を迎えている門松=宮城県石巻市(長尾みなみ撮影) 製造と出荷の最盛期を迎えている門松=宮城県石巻市(長尾みなみ撮影)キヤノン EOS-1D X:EF17-40mm F4L USM

 新年を控え、宮城県石巻市では、ヨシを使った門松作りと出荷が追い込みを迎えている。

 例年、この時期に門松を作っている千葉五郎さん(70)は、北上川で採れるヨシを使った門松を考案し、10年前から作り始めた。土台の上に、ヨシを束ねて柱にしたものを3本立て「親ヨシ、子ヨシ、孫ヨシ」という家族3世代の絆を表しているという。

 東日本大震災では自らも津波で流され、門松作りを手伝ってくれていた妻と義母を亡くした。今年の飾りには華やかなバラの花を取り入れた。「世間を明るくしたい」と、前を向いて作業に励む。

企画制作:産経デジタル